引越し後に必要な「インフラの手続き」をくわしくご紹介

  • お部屋探し

引越しの際に大切なのが、水道・ガス・電気といったインフラ関係の手続き。新居に引っ越すだけでは、インフラ設備を使えるようにはなりません。しかし、「どのような手続きを行えばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?
ここでは、引越し後に必要なインフラに関する手続きについて解説しています。

インフラの手続きは早めに済ませておこう

新居に引っ越す際は、水道・ガス・電気などのインフラ関係の変更手続きを自分で行う必要があります。特に、引越しが多いシーズンは手続きが完了するまでに時間がかかることも。
準備が遅れてしまうと、引越し当日を真っ暗な部屋で迎えることになりかねません。遅くても2〜3週間前には手続きを完了させておけば安心です。

電気の停止・開始手続き

引越しが決まったら、現住居の電気を停止する手続きを行いましょう。退去後に電気を止めてもらうためには、現在利用している電気会社へ連絡が必要です。「お客様番号」が書かれた領収書や請求書などを手元に用意しておくと、手続きがスムーズに進みます。
また、退去月の電気料金は日割りで計算され、新居に請求書が届きます。利用停止の手続きを忘れてしまうと、引越し後も電気代を請求されてしまうため注意してください。

引越し後、旧居とは別の電気会社を利用する場合は、新たに電気を利用するための手続きが必要です。インターネットや電話などで連絡を取り、電気の利用開始日を決定します。引越し当日から電気を使えるようにするために、遅くても3日前までには手続きを完了させておきましょう。
新居では、ブレーカーを上げるだけで電気が使えるようになります。ちなみに、電気の停止・開始ともに立ち会いは不要です。

電気の停止・開始手続き

ガスの停止・開始手続き

ガスの開始手続きには立ち会いが必要になるため、引越しシーズンには手続きが混み合うことも少なくありません。余裕を持って、2〜3週間前までには申し込みを済ませておくとよいでしょう。
ガスの開栓時には、ガス漏れを起こしていないか・警報装置が正常に動作するかといった点をチェックしてもらうことになります。

また、引越しの1週間前までには、現在利用しているガス会社に連絡して停止手続きを行ってください。どれほど遅くても、退去の2〜3日前までには済ませておくことをおすすめします。
電気の停止手続きと同様、「お客様番号」が書かれた領収書や請求書を用意しておくと手続きがスムーズです。なお、閉栓作業の際は、立ち会いの必要はありません。

ガスの停止・開始手続き

水道の停止・開始手続き

水道の停止や開始については、住所を管轄する水道局に連絡して手続きを行います。ただし、日曜日や祝日は電話がつながらない場合があるため注意してください。東京都はインターネットからの申し込みであれば、24時間対応しています。なお、月の途中で引越した場合、旧居の水道料金は日割り計算です。

水道の閉栓・開栓作業は原則として立ち会い不要ですが、オートロックマンションなどの場合は立ち会いを求められることがあります。
また、同じ市町村内で転居する場合は管轄する水道局が変わらないため、閉栓と開栓の手続きが同時に行えます。

水道の停止・開始手続き

インターネット回線の変更手続き

現住居でインターネット回線を利用している場合、新居で継続するための手続きを行わなければいけません。新居で回線工事が必要になるため、インターネット回線会社に早めに連絡することをおすすめします。
ただし、引越し先で同じ回線を利用できないことも少なくありません。その場合、現住居のインターネット回線を解約することになります。契約プランによっては違約金などが発生する場合があるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

郵便物の転送届

引越しの際は、郵便局の転居・転送サービスを利用するとよいでしょう。旧居宛てに送られてきた手紙や荷物などを、1年間無料で新居に転送してくれます。このサービスを利用するためには、郵便局へ転送届の提出が必要です。転送届は郵便局に用意されている他、インターネットからも申請することができます。

郵便局で受付が完了してから、実際に転送が開始されるまで1週間程度かかる場合があるため、引っ越す1週間前までに手続きを完了させておくとよいでしょう。

まとめ

引越し時には、電気・ガス・水道といったインフラに関する手続きも自分で行う必要があります。特に、3月などの引越しシーズンは手続きが混み合う場合があり、ギリギリに申し込むと引越し当日に間に合わない可能性も。ガスの開栓は立ち会いが必要になるため、余裕を持って2〜3週間前から手続きを進めておくと安心です。

インターネット回線を利用している場合は、新居に移転するための手続きも合わせて行うとよいでしょう。ただし、引越し先で同じ回線が利用できるとは限らないため、事前に確認してください。

引越し当日から新居で快適に過ごすためにも、インフラ関係の手続きを忘れずに行ってくださいね!今回の記事もぜひ参考にしてください。