引越し後に必要な「役所関係の手続き」をくわしくご紹介

  • お部屋探し

住居を変更した際は、引越しから14日以内に役所でさまざまな手続きを行う必要があります。しかし、やらなければいけないことが多いため、「どのような手順で進めていけばいいのかわからない」という方も少なくないのではないでしょうか?
この記事では、引越しに必要な手続きのうち、役所関係の手続きに焦点を当てて解説しています。

引越し後は役所で手続きが必要

引越し後は、14日以内に役所で必要な手続きを行わなければいけません。14日間を過ぎても手続きは可能ですが、遅れた日数や理由によっては裁判所から過料を求められる場合があるため注意してください。引っ越しに関する手続きは早めに行うように心がけましょう。

住民票の移動手続き

引越しして住所が変更になったら、住民票の移動手続きが必要です。引越し前の市町村役場で「転出届」を提出し、「転出証明書」をもらいましょう。転出証明書は引越し先の市町村役場に提出することになるため、大切に保管しておいてください。

その後、引越してから14日以内に、旧住所でもらった転出証明書・身分証明書・印鑑を持参し、引越し先の市町村役場で「転入届」を提出します。

なお、同じ市町村内で引っ越す場合、転出届は不要です。引越してから14日以内に、最寄りの市町村役場に「転居届」を出すことで手続きが完了します。

また、転入届や転居届を提出するときに住民票の移しをもらっておくと、運転免許証などの住所変更を行う際に便利です。

住民票の移動手続き

マイナンバーカードの住所変更手続き

マイナンバーカードを所有している方は、引越しに伴ってカードに記載された住所の変更手続きも必要です。ちなみに、同じ市町村内で転居する場合は住所変更手続きと呼ばれ、別の市町村に転入する場合は継続利用手続きと呼ばれます。どちらも、マイナンバーカードの追記欄に新しい住所を記載してもらうことになります。住所変更手続きの際に必要な持ち物は以下のとおりです。

マイナンバーカードの住所変更時に必要なもの

  • マイナンバーカード
  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード交付時に設定した4桁の暗証番号
  • 印鑑

ちなみに、住所の変更手続きが必要なのは、あくまでもマイナンバーカードのみ。マイナンバーを知らせるための通知カードについては、住所が変わっても手続きは不要です。

マイナンバーカードの住所変更手続き

国民健康保険・国民年金の住所変更

国民健康保険に加入している場合、住民票の移動に伴って住所変更の手続きを行わなければいけません。手続きを忘れてしまうと、新しい住所で保険診療が受けられなくなってしまいます。なお、別の市町村へ引っ越す場合と、同じ市町村内で転居する場合で手続きの流れが異なります。

別の市町村へ引っ越す場合、引越し前の市町村役場で資格喪失手続きが必要です。転出届の提出と同じタイミングで手続きを行うとよいでしょう。手続きが完了したら、引越し先の市町村役場で加入手続きを行います。こちらも、転入届の提出と同時に手続きすることをおすすめします。また、資格喪失手続き・加入手続きともに、郵送や代理人による申請も可能です。

同じ市町村内で転居する場合は、資格喪失・加入に関する手続きは必要ありません。引越し先の市町村役場で、国民健康保険の「住所変更」を行うだけで手続きが完了します。ただし、住所変更手続きは郵送に対応していないため注意してください。

国民年金の住所変更については、マイナンバーと基礎年金番号が結びついている場合は手続きは不要です。マイナンバーと結びついていない場合は、引越し先の市町村役場で住所変更の手続きを行いましょう。引越し前の市町村役場では、特に必要な手続きはありません。

国民健康保険・国民年金の住所変更

印鑑登録の住所変更

別の市町村へ引っ越す場合は、印鑑登録の住所変更手続きも忘れずに。登録している印鑑と印鑑登録証を持参して、引越し前の市町村役場で印鑑登録の抹消手続きを行いましょう。住民票などと違って手続きに期限はありませんが、転出届と一緒に手続きするとスムーズです。

引越し後、新しい居住地の市町村役場で印鑑登録の手続きを行うことになります。これまで使用していた印鑑はもちろん、新しい印鑑を登録することも可能です。こちらも、転入届と同じタイミングで手続きを行うと忘れにくくなりますよ。本人以外にも、代理人が手続きを行うこともできます。

印鑑登録の住所変更

ペットの登録住所変更

犬または特定動物をペットとして飼育している場合、引越しに伴って登録住所の変更手続きが必要です。特定動物には、ワニ・タカ・トラなどの動物が該当します。ただし、猫やうさぎなどについては特に手続きはいりません。

引越し前の市町村役場で届出を済ませたあと、登録事項変更届と旧住所で交付された鑑札を持参して、引越し先の市町村役場で住所変更の手続きを行います。同じ市町村内で引っ越す場合も、登録事項変更届が必要です。自治体によって必要書類が異なる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

ペットの登録住所変更

まとめ

引越しを行った際は、14日以内に住民票の移動手続きが必要です。期限を過ぎてしまうと罰則の対象になってしまうため、早めに準備することを心がけましょう。住民票の他にも、マイナンバーカードや国民健康保険などで住所の変更が必要になるため、該当するものがあれば速やかに手続きを行ってください。

意外と忘れがちなのが、犬を飼育している場合の登録変更手続き。狂犬病の予防接種に関するお知らせが届かなくなるなど、トラブルの原因につながってしまうため気をつけましょう。今回の記事もぜひ参考にしてくださいね!