新居への引越しをスムーズに!入居の流れを解説

  • お部屋探し

賃貸契約を結んだら、いよいよ新しいお部屋に入居することになります。しかし、入居までにやるべきことはたくさんあり、どのように進めていけば良いのか、分からない人も多いのではないでしょうか。
そこで、この記事では引越し準備や入居時にやるべきことなどをご紹介しています。入居時にチェックするべきこともお伝えしているので、スムーズな新生活のスタートに役立ててください。

引越し準備

賃貸契約を結び、新しいお部屋の鍵を受け取ったら物件の引渡しは完了です。鍵の受取り以降は入居可能となり、日割り家賃も発生するため、一般的には鍵の受取り以降のなるべく近い日付で引越し・入居が完了できるように準備を進めていきます。
引越しと一口に言っても、やるべきことがたくさんあるため、引越し日が決まったら早めに準備に取り掛かりましょう。具体的な準備内容は以下の通りです。

  • 引越し業者への依頼
  • 旧居の退去申請
  • 不用品の回収依頼
  • 梱包資材などの準備
引越し準備

引越しが決まったら、なるべく早めに旧居の片付けや荷造りをはじめ、引越し業者への依頼を行いましょう。遅くても引越し日の2週間前までに依頼を済ませておくのが理想です。多くの場合は複数の業者から見積りをもらい、比較しながら決定することになるため、余裕を持って問い合わせましょう。特に1〜3月や9〜10月といった引越し業者の繁忙期には、手配できる引越し業者がなかなか見つからないケースもあるため、早めの行動が鉄則です。

また、新しい物件への引越しが決まったら、早めに旧居の退去申請を行いましょう。一般的には、退去日の1ヶ月前までに届け出る必要があります。しかし、物件によっては、それよりも前に退去申請が必要な場合があるため、入居時に交わした賃貸契約の内容を事前に確認しておくことが大切です。

新しい物件に引っ越すにあたり、いらなくなるものや買い替えのため処分するものが発生した場合は、業者や自治体に依頼を行い、回収してもらうことになります。例えば、自治体に回収してもらう場合、申込に加えてごみ処理券の準備が必要なため、余裕を持って準備を行いましょう。なお、回収方法により、回収できる品目が限られるケースがあるため、事前に調べておくことも欠かせません、
引越しの荷造りに必要な梱包資材は、引越し業者に用意してもらえることもあれば、自分で用意が必要な場合もあります。引越し業者への依頼時に確認しておき、余裕を持って準備しましょう。

引越し手続き

引越し時には、いくつかの手続きが発生します。必要なものをチェックしておき、手続き漏れがないように注意しましょう。ここでは、引越し時に必要な手続きの具体例をご紹介します。

  • 住民票の転出届、転入届
  • 電気やガスなどの停止手続き
  • ネット回線の手続き
  • 郵便局へ転送手続き
  • 職場や銀行、クレジットカードなど各種住所変更

市町村を跨いで引っ越すときには、旧居がある自治体への転出届の提出や、引越し先自治体への転入届の提出を行います。転出届は引越し14日前から当日の間に、転入届は引越し後14日以内に届出ましょう。なお、同じ市町村内で引っ越す場合も、転居の届出が必要です。
また、電気やガス、水道などのライフラインの停止手続き、開始手続きも忘れずに行いましょう。特に、引越し先でのガスの開栓は立ち合いが必要になるため、引越し当日など立ち合いが可能な日程で調整することが大切です。郵便局への転送手続き、職場への住所変更に加え、クレジットカードなどの各種サービスの住所変更も必要になります。住所の変更漏れがないよう、リスト化しておくと良いでしょう。

引越し手続き

入居時にあるといいもの

入居後は少しずつ荷解きをして、新しい生活空間を整えていくことになります。引っ越したばかりの新居、できれば綺麗に使い、快適に生活したいですよね。
ここでは、新居での快適な生活のために活躍してくれるお役立ちグッズをいくつかご紹介します。

  • 冷蔵庫マット
  • 食器棚シート
  • 下駄箱シート
  • 洗濯機台
  • 防虫キャップ
  • 防カビマステ、防カビ消炎剤

例えば、冷蔵庫や洗濯機などの重い家電には、冷蔵庫マットや洗濯機台の導入をおすすめします。冷蔵庫マットは床の凹みや傷を防止できて、退去時にも安心です。洗濯機台は振動や水漏れを防げるだけでなく、掃除がしやすいというメリットがあります。また、防虫・防カビグッズも早めに準備しておくと安心です。

入居時チェック

入居から退去までの間に、入居者が故意や過失により生じたキズ・汚れは、入居者の負担で原状回復する必要があります。退去時にトラブルにならないために、できれば家具などを運び入れる前に内装や設備を確認し、不具合がないかチェックしておきましょう。
具体的には、壁や床、天井などに傷や汚れはないか、網戸やふすまなどに穴はないかなどを確認しておくと安心です。次のチェックリストも参考にしながら、しっかり確認しましょう。

入居時チェックリストはこちら

今回は、引越し準備や入居時にやるべきことなどをご紹介しました。引越しや入居準備にはやるべきことが多くあるため、事前に必要なことを確認しておき、無理のない計画を立て、早めに行動することが大切です。ぜひ記事の内容を新生活の円滑なスタートに役立ててください。