気になるお部屋があったら、不動産会社に問い合わせよう

  • お部屋探し

インターネット検索などで気になる物件を見つけた場合は、なるべく早めに不動産会社へコンタクトを取ることが大切です。しかし、どんな手段で、どのように連絡をすればいいのか迷う場合もあるかもしれません。
そこで今回は、不動産会社に問い合わせする方法やその特徴についてご紹介します。

気になるお部屋があったら、不動産会社に問い合わせよう

不動産会社への問い合わせと「理想の物件探し」

物件検索サイトは多くの人が利用できるサービスであり、物件の契約は早い者勝ちのため、自分が気に入った物件が先に契約されてしまうことも少なくありません。そのため、気になる物件については、早めに不動産会社へ問い合わせるのがおすすめです。
具体的には、電話で問い合わせる方法やメールやSMSを活用する方法、不動産会社へ直接訪問する方法があります。それぞれのメリットや注意点を解説しているため、理想の物件探しの参考にしてください。

電話で問い合わせる

検索した物件が「とても気に入っている」場合や、急ぎの場合は、不動産会社へ電話で問い合わせるのが便利です。電話での問い合わせ方法には、以下のようなメリットがあります。

コミュニケーションの相違が起きにくい

電話では、声色で細かいニュアンスなどを伝えられるため、文面のみよりもコミュニケーションがとりやすい点がメリットです。希望条件などを伝える場合も、担当者から要点をその都度確認しながら聞いてもらえたり、言いたいことが伝わっていない場合は説明を加えたりできるので、お互いに勘違いが起きにくくなります。

内見の予約などがスムーズに行える

気になる物件について問い合わせの電話をすると、多くの場合、そのまま内見の日程調整や物件に求める条件のヒアリングに進んでいきます。メールなどの場合は、通常、数回のやり取りを経て内見日程が決まりますが、電話は短時間で予約が確保できる点も魅力です。
人気物件ほど契約の申し込みが埋まりやすいため、急ぎの場合は電話を選びましょう。

電話で問い合わせる

上記のようなメリットがある電話での問い合わせですが、注意したいポイントも存在します。例えば、電話口で伝えたい内容や質問したい内容を聞き忘れないように、要点をまとめたメモなどを用意しておくことが大切です。また、聞き取った内容を正確に記録することも求められます。さらに、不動産会社の業務時間外にはほとんどの場合連絡がつかないため、日時を選んで電話をかける必要があります。

メールやSMSで問い合わせる

急ぎの場合でなければ、メールやSMS機能を利用して、文章で問い合わせをするのもおすすめです。具体的には、以下のようなメリットがあります。

伝え忘れを防げる

メールやSMSの文面を考えながら、伝えたい情報を整理して送ることができるため、伝え漏れの防止につながります。必要に応じて画像を添付することもできるため、伝え方に自信がない場合でも、工夫しながら聞きたい情報を確認できる点が嬉しいですよね。

後からでもやり取りを確認できる

メールやSMSの内容はメッセージを削除しない限り、後からでも問い合わせ内容やその回答を見返せる点が大変便利です。複数回やり取りを行った際も、時系列順に情報を振り返ることができます。
また、万が一トラブルになった場合でも、「やり取りしたこと」と「そうでないこと」が文面で確認できるので安心です。

忙しい場合でも手が空いたタイミングで連絡できる

電話の場合、業務時間内に問い合わせる必要があり、仕事などで時間を合わせるのがむずかしい場合もあるのではないでしょうか。そんな時も、メールであれば自分の手が空いたタイミングで問い合わせ内容を送信できます。

メールやSMSで問い合わせる

メールやSMSなど、文章で行う問い合わせには多くのメリットがありますが、デメリットや注意点についても知っておきましょう。
例えば、メールなどの文面では、声色などで表現できない分、細かい情報を伝えるのに苦労する場合があります。担当者との間で勘違いが発生しないように、文章で分かりやすく伝えることや、返信内容を正しく理解することも求められるでしょう。

また、メールやSMSなどの場合は、返信が返ってくるまでの間に、どうしてもタイムラグが発生してしまうところがデメリットです。特に、不動産会社の繁忙期にあたる1〜3月や9〜10月などは、返信に時間がかかる場合がある点にも注意しましょう。

不動産会社へ直接訪問する

不動産会社を直接訪ねて問い合わせる場合は、比較的混み合わない平日などを選んで訪問しましょう。その際、スタッフが他のお客様の対応をしている場合には、待ち時間が発生するため、直接訪問する場合でもあらかじめ予約をしておくのがおすすめです。

また、電話やメールで問い合わせを行った場合も、「より希望に近い物件を提案するため」に、店頭へ案内してもらえることがあります。
実際に不動産会社の担当者と会うときには、「契約手続きを進めても問題ない相手」と思ってもらえるよう、清潔感のある服装や最低限のマナーを守ることも大切です。

不動産会社へ直接訪問する

不動産会社に問い合わせる前に

問い合わせたあと、より希望に合う物件を紹介してもらったり、内見や契約などをスムーズに進めたりするために、事前に必要な準備を行っておきましょう。 具体的には、自分が住まいに求める条件とその優先順位を明確にしておくことが大切です。
また、家賃だけではなく引越し費用や敷金などを踏まえた予算を確認し、「何ヶ月以内に入居を済ませたい」という契約までのスケジュール感も具体化しておきましょう。




物件検索サイトなどで気になる物件を見つけた際の問い合わせ方法は複数あり、それぞれにメリットや注意したいポイントがあります。自分の状況に合うものを選んで問い合わせるのがおすすめです。
事前準備をしたうえで積極的に不動産会社へ物件の相談を行い、お部屋探しをよりスムーズに進めましょう。