賃貸物件を借りる際の契約の流れをわかりやすく解説

  • お部屋探し

賃貸物件を借りたいと思っているけれど、どのような流れで契約するのかをきちんと把握できている人は少ないのではないでしょうか。本記事では、自分の住みたい物件を見つけて、契約するまでの流れを解説します。
賃貸物件を借りる賃貸借契約を締結するためには、事前準備が必要です。契約前に必要なもの、当日の持ち物、契約の流れをご説明しますので、お部屋探しの参考にしてください。

賃貸物件を契約するときの流れ

賃貸物件を借りるときの流れは、次の通りです。

  1. 住みたい物件の条件や希望を決める
  2. インターネットや不動産会社で物件を探す
  3. 内見を行い、住みたい物件を決める
  4. 入居申込と入居審査を行う
  5. 重要事項説明書と賃貸借契約書を確認し契約
  6. 物件の引き渡し

1.住みたい物件の条件や希望を決める

どのような物件に住みたいのか、条件や希望を考えましょう。

物件に求める条件を決めるときは、次のような切り口で考えることをおすすめします。

  • 住みたいエリア
  • スーパーや病院などへのアクセスの良さ
  • 交通手段と最寄り駅までの距離
  • 家賃
  • 部屋の広さや間取り
  • 築年数
  • ペットや楽器などの条件

なお、家賃は収入の1/3が相場とされています。

2.インターネットや不動産会社で物件を探す

条件を決めたら、インターネットで探したり、不動産会社に訪問して物件を探しましょう。

もし、自分の決めた条件に合致する物件が多くて決められない場合は、「角部屋」「2人入居可」「追い焚き機能」などの条件を追加して物件を絞ると、住みたい物件を決めやすくなります。

3.内見を行い、住みたい物件を決める

気になる物件があったら、不動産会社に連絡して内見の予定を立てましょう。不動産会社へ訪問するときは、事前にメールや電話で予約をとっておくとスムーズです。

内見は1件だけでなく、複数件行うことをおすすめします。実際に内見をして気に入ったら、できるだけ早く申し込みをしましょう。人気のある物件だと、すぐに入居者が決まってしまう可能性もあります。

4.入居申込と入居審査を行う

住みたい物件が決まったら、入居申込と入居審査を行います。

入居審査では、次のものが必要です。

  • 入居申込書
  • 契約者本人と連帯保証人の年収がわかる収入証明書類(源泉徴収票など)
  • (必要な場合)申込金

最近では、連帯保証人ではなく、保証会社との契約を必須にしている不動産も多く存在します。申込書への記入と、契約者の収入証明書は必ず必要になるので、引っ越しをすることを決めていたら事前に準備しておきましょう。

5.重要事項説明書と賃貸借契約書を確認し契約

入居申込書や収入などで問題がなく、入居審査を通過したら契約となります。
この時、「重要事項説明書」と「賃貸借契約書」に署名捺印をする必要があります。

重要事項説明書は、賃貸契約の条件が具体的に書かれている説明書です。宅地建物取引士が契約者へ契約内容や特約条項をきちんと説明することが義務付けられており、宅地建物取引士が丁寧に解説してくれます。
わからないことや疑問点があれば、契約書にサインする前に質問するようにしましょう。

6.物件の引き渡し

契約したら、物件の鍵を受け取ります。

引っ越しの日に合わせて、引っ越し業者の手配や荷造り、電気・ガス・水道・インターネットなどの手続きを行いましょう。住所変更手続きは引越しから14日以内に行う必要があるので、忘れないように注意しましょう。

賃貸物件の契約前に準備するもの

賃貸物件を契約する前に準備しておいた方がいいものは下記の通りです。

  • 入居申込書
  • 契約者の印鑑
  • 契約者本人と連帯保証人の年収がわかる収入証明書類(源泉徴収票など)
  • 契約者と同居予定全員分の住民票
  • (必要な場合)申込金
  • (車がある場合)車検証の写し

事前に準備をしておけば、余裕を持って契約にのぞむことができます。
役場に行ったり、連帯保証人に依頼しておく必要があるものがありますので、事前に確認しておきましょう。

入居審査通過後契約書のチェックポイント

契約書を締結するときは、次の項目をよくチェックしましょう。あらかじめ確認しておけば、入居後のトラブルを防ぐことができます。

  • 家賃の支払日
  • 入居日および家賃発生日
  • 契約期間
  • 契約更新方法および更新料
  • 解約の連絡は何日前までに必要か
  • 契約期間中に退去することでかかる違約金
  • ペット・楽器・喫煙などの禁止事項
  • 退去時の敷金や保証金のルール

契約内容の中でもお金に関わる部分は特にトラブルになりやすいため、契約前によく確認し、納得してから契約をおこなうようにしましょう。

入居審査通過後契約書のチェックポイント

賃貸契約の流れを理解して契約にのぞもう

賃貸契約を行い、実際に住み始めるまでの流れを解説しました。

いずれの場合も、あらかじめ必要なものを準備し、当日はわからないことをそのままにせずにしっかり確認することが必要です。
特にお金や書類の準備は、必ずしておくようにしましょう。

ウィル・ビーでは、不動産の専門知識を持ったスタッフが、最後までしっかり対応いたします。不安な点があれば、お気軽になんでもご相談ください。