女性におすすめの賃貸マンションの探し方とは?

  • お部屋探し

入学や就職、転職で一人暮らしを始める方が増えてきています。
特に女性は、お部屋を決めるポイントとして「防犯面」を気にしている人が多いはず!
親御様にとっても、お子様の独り立ちは少し心配な部分がありますよね。

今回は、初めての一人暮らしでも安心できる、女性ならではの賃貸マンションの探し方をお伝えします!

防犯カメラやオートロックなど、共用部分のセキュリティ対策

防犯面を気にしている方ならまず気をつけるべき項目は、セキュリティ設備の有無です!オートロックは絶対に無関係者の侵入を防げるというわけではありませんが、オートロックがなければ誰でも入ることが可能なため、あったほうが防犯性は高まります。また、守られているという安心感も得られます。
防犯カメラに関しても、設置されているというだけで不審者等が近づきにくくなる効果があります。

ワンポイントアドバイス

あれもこれもと条件を増やすと家賃はあがりますが、セキュリティを特に気にするならオートロックの他に、モニター付きインターホンは必須です!
もちろんオートロックがついているだけで外部からの侵入は比較的防げるので安心です。ただ、自分のお部屋のインターホンを鳴らされたときに、どんな相手なのか声だけでなく、顔がしっかりわかったほうが安心できますよね。

モニター付きインターホンのある物件選びに関しては、家賃設定や相場も関係してくるため、お気軽にご相談ください!

防犯カメラやオートロックなど、共用部分のセキュリティ対策

お部屋の階数

設備以外でこだわるなら、2階より上がおすすめです!
オートロックがあれば1階でも安心かもしれませんし、2階以上に住んだからと言って空き巣が絶対ないとは言い切れません。ただし、2階以上のほうが物件周辺を歩く通行人の目線も気にならず、精神面で安心するかと思います。

ワンポイントアドバイス

2階以上の物件は防犯面以外にも、日当たりが良い部屋が多い、虫が侵入するリスクが少し低いなどメリットが多いです。ただし、階数があがるほど賃料も上がることが多いため、他の優先したいことも考えたうえでお部屋を探しましょう。

お部屋の階数

女性限定物件

その名の通り、女性しか契約・入居できない物件です。建物内に男性が住まれていることに不安を感じる方におすすめで、女性が生活しやすい設備や環境が整っていたり、近隣住民や上下階のトラブルも少ない場合があります。

ワンポイントアドバイス

男性の入居や立ち入りに関して、物件ごとに厳しくルールが決まっている場合があり、ご友人や恋人、男性のご家族もお部屋に招き入れることができないこともあります。そのため、ルールを事前に確認しておく必要があります。

女性限定物件

他にも、夜でもなるべく一人で歩く時間が少なくなるように、駅近や大通り沿いなど人通りが多い環境で物件を探してみたり、お部屋の鍵がピッキングされにくいディンプルキーなのか、不審者にとっては手間のかかるダブルロックなのかを内見時に確認したり、防犯面の対策方法はさまざまなため、何を重要視してお探しするかは人それぞれ異なります。

防犯面を気にしている方は、ぜひ今回のコラムを参考にして、安心できる素敵な住まいを手に入れましょう!




ウィル・ビーではホームページからご予約の際に女性スタッフを希望することや、お部屋探しをしてもらいたいスタッフを直接お選びいただくことも可能です。

来店予約はこちら

また、初めての一人暮らしで「いつから探した方がいいのか」「そもそもどうやって探した方がいいのか」など疑問に思うけどなかなか聞けないというお客様もいらっしゃるかと思います。
弊社コラムにそういったお役立ち情報が掲載されておりますので、こちらもぜひご覧ください。

<部屋探しを始めるタイミングはいつ?>
<賃貸物件はどうやって探すの?>

この記事を書いた人

三俣 真優 宅地建物取引士