あとから後悔しないために大事な「入居時チェック」とは?

  • お部屋探し

賃貸アパート・マンションでは、入居した時点で傷や不具合などが生じているケースもあります。生活には支障ないものの、退去時に不動産会社や大家さんとトラブルになってしまうことも少なくありません。
この記事では、入居時にまず最初にチェックしておきたいポイントについて解説しています。トラブルを回避し、快適な新生活を送るためにもぜひ参考にしてくださいね。

入居時に確認するポイント

新居に入居したら、まず最初に部屋の状態を確認しておきましょう。物件によっては、生活に支障をきたさない程度の傷や汚れがあることがあります。また、何年も使用されている設備では、老朽化による不具合が生じていることも。
しかし、そのまま放置しておくと「入居時から発生していたものか?」「あとから入居者が発生させたものか?」といった点がわからなくなり、退去時に不動産会社や大家さんと敷金精算で揉めてしまうケースも少なくありません。

ここでは、入居時に部屋の中で確認すべき箇所をご紹介します。引っ越したら、以下の項目をチェックしてください。

入居時に確認するポイント

壁や床の状態

壁や床は特に傷や汚れがつきやすい場所です。まずは新品か中古かを確認し、目立つキズや汚れがあるか確認しておきましょう。
また、前の住人が冷蔵庫などの重たい家具・家電を長期間同じ場所に置いていた場合、その場に跡が残っていることもあります。家具を搬入する前にチェックしておくと安心です。

水回りのカビ

築年数が古めの物件の場合、水回りのパッキンや浴室などにカビが生えていることがあります。また、賃貸アパートではトイレやお風呂に窓がないケースが多く、どうしてもカビが発生しやすいケースも少なくありません。水回りを使用する前にチェックしておきましょう。

設備関係

エアコンや給湯器など、あらかじめ備え付けられている設備が正常に動作するかどうか確認しておきましょう。万が一「暖房や冷房の効きが悪い」「給湯器から温水が出ない」「システムキッチンが動作しない」といった不具合がある場合は、すぐに不動産会社や大家さんに連絡してください。

特にシャワーや洗面所など、目で見ただけでは状態がわかりづらい水回りには要注意です。しばらく水を流しっぱなしにして、水漏れなどのトラブルが発生しないか点検しておくとよいでしょう。

また、築年数が古めの物件では、ドアや窓がスムーズに開閉できないケースもあります。入居時に、室内のドアや窓の状態をひと通りチェックしておくと安心です。

入居時チェックを行う際のポイント

入居時チェックは、ただ部屋の状態を見てまわればよいというものではありません。適当に済ませてしまうと、のちのち後悔につながってしまいます。

ここでは、入居時チェックを行う際に気をつけたいポイントを3つご紹介しています。

荷物搬入前に実施する

入居時チェックは、部屋の中に荷物を搬入する前に実施するようにしてください。家具・家電などを置いてしまうと壁や床などが隠れてしまい、入居時の状態を正確に確認することが難しくなってしまいます。
特に冷蔵庫や洗濯機など、一度設置したら簡単に動かせない家電には注意が必要です。

可能であれば、不動産会社から新居のカギをもらった時点で入居時チェックを行うと、引っ越し当日の手間が軽減されます。

写真やメールを活用する

入居時チェックでは、部屋の状態を確実に記録しておくことが重要です。もしも室内に不具合があれば、必ず写真を撮っておきましょう。不動産会社や大家さんに説明する際の証拠になります。
また、入居時チェックの結果を伝える際は、送信日時と内容が残るメールを利用するのもおすすめです。室内の状態を記録した写真をメールに添付して送り、誤って消さないように大切に保存しておきましょう。

写真やメールを活用する

入居時チェックリストを作成する

一般的な不動産会社では、部屋の契約時に「入居時チェックリスト」を渡されます。これは、入居時の部屋の状態を記録しておくためのものです。入居時チェックリストに沿って確認作業を行うことで、「どこをチェックするべきか」が明確になります。

入居時チェックリストは、チェックが完了して記入を終えたら不動産会社に返送することがほとんどです。退去時のトラブルを避けるためには、入居時チェックリストのコピーを取る、スクリーンショットを撮影するなどして、チェックリストの内容を手元に残しておくとよいでしょう。

ウィル・ビーでは、スマホから簡単に入居時チェックリストを送ることができます。入居後1週間以内が期限ですので、カギをもらった当日にそのまま新居のチェックを行い、その場ですぐに入力して送るのがおすすめです。

入居時物件チェックリストフォーム

まとめ

引っ越しの際はやらなければいけないことが多く、ついつい入居時チェックがおろそかになってしまうことも少なくありません。また、入居当初から「退去時の敷金精算のために」と言われても、いまいちピンと来ない方も多いのではないでしょうか。

入居時チェックは、退去時に不動産会社や大家さんと揉めるのを避けるためだけでなく、入居後にトラブルなく生活するためにも必要です。

これから引っ越しを予定している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。